Resilience 2014

私の指導教官がフランスで開催されるReslience 2014という学会で、天候保険に関する私との共同研究について発表します。まだ検討を要する箇所が多いので、どのようなコメントを頂けるか楽しみです。

abstractはここで見れます。

Memo (Applied Economics Analysis)

コースワークの中で唯一の癒し科目、Applied Economics Analysis. 前半はAnna Aizerが担当。彼女のの授業は、labor, health, crime, political economyといった実証論文を網羅的に紹介していくのだが、取り上げる論文のほとんどがjob market paperでその後top journalに出版され、literature のなかで影響力を持っている論文である。おそらく、良い模範となる論文を読んで、自分のJMPの参考にしてほしいという願いがこめられているのだろう。

忘れないうちに、以下をメモ。

IV regression (using a past construction plan as an IV for the actual construction of highways) with a small sample

examined the persistence of political elites (日本でいうと2世議員の分析) by fuzzy RDD

サーベイ論文集

0.  経済学全般
Annual Review of Economics 
1. 天候
Dell, Melissa; Jones, Benjamin F. and Olken, Benjamin A.: “What Do We Learn from the Weather? The New Climate-Economy Literature,” Journal of Economic Literature, forthcoming.
Working paper VersionAppendix.
2. 地方分権
Decentralization in Developing Economies by Lucie Gadenne (UCL) and Monica Singhal (HKS)
3. Fetal Origins Hypothesis
4. Poverty Trap